本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

サンメディカル株式会社

優れた歯科材料で世界の歯科医療技術の進歩と口腔衛生の向上に貢献します。

文字サイズ
標準
拡大
Loading
English

本文のエリアです。

スーパーボンド 筆積混和SEセット

  • 基本情報
  • 操作手順
  • 参考データ
  • 取扱説明書
  • カタログ・添付文書

操作手順

動揺歯固定(T-Fix)の場合(筆積法)

キーポイント

  1. 活性化液(液材とキャタリストVを混合した液)は調製後、5分以内に使用を終了してください。
  2. 活性化液を予め歯面に塗布するとスーパーボンドの馴染みが良くなります。
  3. スーパーボンドの表面にポリマー粉末が浮いている場合は活性化液で表面をならしてください。
  4. 研磨・咬合調整は5分以上待ってから行ってください。
ティースプライマー塗布・乾燥

水洗は不要。
ポリマー粉末・液材の採取

活性化液は使用直前に調製。
(活性化液は調製後、5分以内に使用を終了する。)
筆の浸漬とポリマー粉末の採取
筆先に活性化液を十分に浸漬。
筆先1mmでゆっくりと円を描くように採取。
スーパーボンドの塗布
十分に硬化するまで咬合させないようにする。
スーパーボンドの塗布から研磨・咬合調整まで5分以上待つ
硬化の確認・研磨・咬合調整
スーパーボンドを塗布して5分以上待ち、十分に硬化したことを確認。
その後、研磨・咬合調整。

完成

ジルコニアクラウン装着の場合(混和法)

キーポイント

  1. 活性化液(液材とキャタリストVを混合した液)にポリマー粉末を投入後は手早く混和してください。
  2. 混和泥がサラサラの状態(糸引き前)の間に手早くクラウンを圧接してください。
  3. 補綴物が浮き上がらないように、しっかりと保持してください。

補綴物内面の表面処理

[ジャケット冠]

スーパーボンド PZプライマーの調製。
A液1滴とB液1滴を混合。

スーパーボンド PZプライマーの塗布と乾燥。

スーパーボンド PZプライマー

支台歯の表面処理

水洗は不要。
ポリマー粉末・液材の採取

液材を採取し、ポリマー粉末は直前に投入。
混和・混和泥の塗布
投入後は手早く混和。
室温が25℃を超える場合や、更に操作時間を延長したい場合は、ミキシングステーションを使用。
補綴物の圧接・保持
混和泥がサラサラの状態(糸引き前)までの間に手早く圧接。
補綴物の圧接から硬化確認まで8分以上待つ
余剰セメントの除去
余剰セメントが硬化するまでに除去を完了。
加圧・硬化待ち
十分に硬化したことを確認し、咬合調整。

完成

このページのTOPへ