本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

サンメディカル株式会社

優れた歯科材料で世界の歯科医療技術の進歩と口腔衛生の向上に貢献します。

文字サイズ
標準
拡大
Loading
English

本文のエリアです。

MSコート F

  • 基本情報
  • 操作手順
  • Q&A
  • カタログ・添付文書

MSコート ONEとの違いは?

MSコート ONEの成分(メタクリル酸メチル/スチレンスルホン酸共重合体のエマルション、しゅう酸)に新たにフッ化ナトリウムを配合しました。これにより、MSポリマー被膜の耐酸性が向上しました。

MSコート Fはどんな部位に適用しますか?

エナメル質の喪失や歯肉退縮によって象牙質が露出した歯面、あるいは過度なPMTCやスケーリング、ルートプレーニング後の歯面、ホワイトニング時の歯面等に象牙質知覚過敏症が発症した部位に適用します。
また、フッ素配合により露出根面などの齲蝕になりやすい部位の知覚過敏抑制にも効果的です。

MSコート Fが知覚過敏を抑制するメカニズムは?

開口した象牙細管をシュウ酸カルシウム結晶を含んだMSポリマー被膜で物理的に封鎖して外来刺激を遮断します。

1.象牙細管開口状態

2.MSコート F塗布直後

3.カルシウムとの反応・保護被膜形成

4.象牙細管封鎖完了

象牙細管が開口している知覚過敏象牙質。

MSコート Fをこすり塗りすると、MSポリマーとしゅう酸が歯質中のカルシウム化合物と反応すると同時に、フッ素が歯質に取り込まれていきます。

MSポリマー粒子はカルシウム化合物と反応することで凝集・不溶化し、しゅう酸はシュウ酸カルシウム結晶となって沈着します。

シュウ酸カルシウム結晶を含むMSポリマー被膜が象牙質の表層を覆い、象牙細管にはプラグとして封鎖を確実にします。
※フッ素によりMSポリマー被膜の耐酸性が向上します。

電子顕微鏡での観察

MSコート Fを適用した歯面に接着または充填を行う場合の前処理は?

MSコート F塗布面に接着材を適用した場合は、接着力が低下します。「スーパーボンド」または「ボンドフィルSB」を使用する場合は、「表面処理材グリーン」で10秒間こすりながら処理することで、接着力は回復します。

保険点数は請求できますか?

請求できます。知覚過敏処置(1口腔1回につき)3歯まで40点(60)、4歯以上50点(75)です。( )の点数は6歳未満の乳幼児または著しく歯科診療が困難な障害者を診療した場合の点数。

ホワイトニング時の知覚過敏抑制効果は?

ホワイトニング前後の知覚過敏抑制にも高い効果が期待できます。

このページのTOPへ