サンメディカルのあゆみ

歯科材料の理想を求めて、
サンメディカルは
歩み続けます。

1981~

1981

2月

サンメディカル株式会社 創立

三井石油化学工業株式会社(現三井化学)と株式会社ニッシンの合弁会社として、歯科材料などの製品を製造・販売することを目的に京都市で創立しました。

1982

2月

矯正歯科用接着材「オルソマイト® スーパーボンド®

矯正治療を一新したダイレクトボンディングシステムは4-METAを配合した本製品によって確立されました。

1983

5月

歯科用接着材料「スーパーボンド®C&B」

象牙質接着を可能とし、樹脂含浸層を形成するメカニズムの提唱に寄与し、接着を利用したクラウン&ブリッジの治療方法が開発されました。

1984

4月

東京都台東区上野に東京営業所開設

1987

3月

米国向けOEM開始

米国発信で日本の高い象牙質接着技術が全世界に知られるきっかけとなりました。

1991~

1992

8月

本社を滋賀県守山市へ移転

会社創立11年後の1992年に滋賀県守山市へ新社屋竣工・移転。生産・販売・研究が三位一体となってお客様のニーズに即応できる体制を整えました。

1996

7月

  • ISO9001及びEN46001資格取得
  • 欧州CEマーキング資格取得

1997

4月

第二建屋(生産棟)予定地に下長遺跡発掘

弥生時代後期から古墳時代前期にかけての堀立柱建物跡と翳(さしば)形木製品が見つかりました。

1998

7月

光重合型歯冠用硬質レジン
「ニューメタカラーインフィス」

低変色性かつ天然歯似の表面艶が良いタフな保険向け歯冠用材料です。この表面艶を発現する技術は今では広く利用されてます。

1999

4月

第二建屋(生産棟)竣工

当時ではめずらしい最新鋭の立体倉庫を導入し、多数の見学者が訪れました。

1999

10月

知覚過敏抑制材「MSコート」

痛みの抑制材料として数少ない臨床試験データがある材料です。
痛みを抑える治療法において「薬」のほかに「材料」で行える方法を新たに提案した製品です。

2001~

2001

2月

創立20周年記念式典

東京都津田ホールを皮切りに全国8か所で記念講演会を開催しました。

2003

医療機器の品質マネージメントシステムISO13485認証取得

2005

11月

歯科用根管充填シーラ
「スーパーボンド®根充シーラー」

接着封鎖性を有する新たな根管充填材料として歯根の保存に役立っています。

2007

6月

支台築造用ファイバーポスト・コア
「i-TFCシステム」

独自のグラスファイバー収束技術と光重合システムの組み合わせで天然歯の特性に近似させることで、歯根破折の防止を目指した製品です。

2009

松風・三井化学との三社提携調印

三井化学の素材開発力を活かし、世界的に特長ある新製品を開発する足掛かりを得ました。

2011~

2011

創立30周年記念イベント

県内11か所の幼稚園に訪問し、『歯をまもーりー大作戦』と題し、守山市イメージキャラクターのもーりー君と一緒に歯磨き指導を実施しました。

2011

2月

接着充填材「ボンドフィルSB®

接着性の充填材料です。
各種プライマーで処理すれば従来のボンディング材を使わずに接着できる便利な製品です。

2012

7月

太陽光発電の導入

社内で使用する電力の約10%を太陽光で賄っています。

2012

10月

歯科接着用レジンセメント
「スーパーボンド®筆積混和SEセット」

エナメル質/象牙質の両方に使用できるセルフエッチングプライマーと、筆積/混和の専用粉材をセットに組み込んだ簡単操作で多目的に使用できるスーパーボンドです。

2013

7月

三井化学がへレウス歯科材料事業を買収

販売拠点の拡大にともない、社内の事業展開と製品開発の流れに新鮮な潮流が引き込まれました。

2013

10月

歯科裏層用高分子系材料 「バルクベース®

三井化学が開発した低重合収縮LPSモノマーを採用し、深く大きな窩洞(かどう)を短時間で裏層・修復できます。

2015

11月

知覚過敏抑制材
「MSコート Hysブロック®ジェル」

独自のMSポリマーやフッ素・カリウムを配合した使いやすいジェルタイプのMSコートです。様々な症状の知覚過敏を抑制します。

2016

1月

歯科動揺歯固定用接着材料
「ライトフィックス®

複雑な応力がかかる動揺歯固定の接着材には柔軟でタフな特性が要求されます。三井化学が開発したSTFモノマーが難題を解決し、光重合型の新たな動揺歯固定用接着材を生み出しました。

ページトップへ戻る