本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

サンメディカル株式会社

優れた歯科材料で世界の歯科医療技術の進歩と口腔衛生の向上に貢献します。

文字サイズ
標準
拡大
Loading
English

本文のエリアです。

MSコート Hysブロックジェル

  • 基本情報
  • Q&A
  • カタログ・添付文書
  • アニメーション

MSコートONEやMSコートFとの違いは?

MS コートシリーズの高い知覚過敏抑制効果を継承しながらジェルタイプにしたものです。シリンジから直接患部に適用が可能で、塗布のみでも従来品と同等の効果が期待できます。
また、 フッ化物に加え新たにカリウム塩を配合しました。

MSコート HysブロックジェルのpHは?

約pH3です。

MSコート Hysブロックジェルはなぜ塗布のみでも効果があるのですか?

しゅう酸と歯質との反応性を向上する成分を新たに含有したことに加え、 ジェルタイプとなったことで塗布のみでも歯面に留まりやすくなったためです。フッ化物及びカリウム塩を取り込んだ被膜により象牙細管を緊密に封鎖します(下記のメカニズムをご参照ください)。

操作ステップは?

下記の操作ステップをご参照ください。

こすり塗りでも使用できますか?

使用できます。尚、患部の痛みが強く清掃が困難な場合やホワイトニング前後等で多数歯に及ぶ場合にはこすり塗りが適しています。また、塗布のみで痛みが残った際に、こすり塗りで再度適用することで効果の改善がみられる場合があります。こすり塗りで使用される場合は下記の3通りの方法で患部に5秒以上こすり塗りしてください。

MSコート Hysブロックジェルを使用する場合に注意するべき症例はありますか?

歯肉縁下で歯肉再付着を期待する部位には適用しないでください。また、ブラキシズムのある場合や大きなWSDの症例には十分な効果が得られない場合があります。

MSコート Hysブロックジェルを適用した歯面に接着または充填を行う場合の前処理は?

MSコートFと同様にフッ化物を含有しているため、MSコート Hysブロックジェルの塗布面に接着材を適用した場合には接着強さが 低下します。「スーパーボンド」または「ボンドフィル SB」を使用される場合は「表面処理材グリーン」で10秒間こすりながら歯面処理することで接着強さが回復します。

このページのTOPへ