本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

サンメディカル株式会社

優れた歯科材料で世界の歯科医療技術の進歩と口腔衛生の向上に貢献します。

文字サイズ
標準
拡大
Loading
English

本文のエリアです。

プライムセップ

  • 基本情報
  • Q&A
  • 取扱説明書

プライムセップの被膜厚さはどの程度ですか?

十分乾燥した超硬質石膏面に1回塗布した時の被膜厚みは約2μmです。
被膜厚みは石膏の種類や乾燥状態、石膏模型表面硬化材の使用、プライムセップの塗布量等で変化します。

このページのTOPへ

プライムセップを一度に厚塗りしてもよいですか?

一度に厚く塗ることは避け、「プライムセップ塗布後、自然放置や軽いエア-をかけて溶剤臭がなくなるまで溶媒を揮発」を繰り返して積層しながら被膜厚さを確保してください。
一度に厚塗りすると塗布表面は被膜を形成していますが内部には溶剤が残っています。この状態で使用しますと、石膏からジャケット冠を離型した時にジャケット冠内面にプライムセップの被膜が残る場合がありますので注意してください。

このページのTOPへ

作業後、石膏模型からプライムセップを除去する方法を教えて下さい。

プライムセップは乾燥状態の石膏に塗布すると、石膏に浸透して除去が困難となります。
最終的に石膏模型からプライムセップを除去したい場合は、プライムセップを使用する前に石膏表面を石膏表面強化材などでコーティングしていただきますと、比較的容易に除去することが可能です。

このページのTOPへ

プライムセップにキャップをしているにも関わらず、粘度が上昇していくのですが。

揮発性の溶剤を使用しているため、徐々に粘度が上昇する可能性があります。専用の希釈材(プライムセップ希釈液)を用意していますので、適宜滴下して調整してください。

このページのTOPへ

プライムセップがゲル状になるケースがあるのですが。

15度以下の低温で保管された場合は、ゲル状になることがあります。15度以上の室温に1時間以上放置後、使用してください。

このページのTOPへ